ハゲるのは髪の毛だけじゃない、まつげもハゲる?!

髪の毛、腕の毛、足の毛…私たちの体には、ありとあらゆるところに毛が生えていますよね。

 

腕の毛やワキの毛のように嫌われる…いわゆるムダ毛もたくさんありますが、髪の毛やまつげのように大切にされる存在の毛もあります。

 

その中でも、特に女性にとって大きな存在となっているのが「まつげ」です。

 

まつげを伸ばしたり太く見せたりすることで、目を大きく、パッチリを見せることができるものです。

 

そのため、まつげにマスカラを塗って太く・長くしたり、まつげエクステで劇的に量を増やすということでバサバサまつげを手に入れています。

 

が、これらのマスカラやまつげエクステなどの方法は、まつげや目に大きな負担をかけているということをご存知でしょうか?

 

 

クレンジングをしたときや、メイクをするときに「まつげが少なくなってる…?」と感じたことはありませんか?

 

日々の生活の中で髪の毛同様に、まつげも自然と抜けて生え変わるものではありますが、それにしてもまつげがなんだか少なくなっていたり細くなっていたりと感じることはありますよね。

 

また、それ以上にまつげが一部分ごっそりなくなっているように見えることがありませんか?

 

それは、ズバリ「まつげハゲ」なるものです。

 

多くの女性が毎日メイクをしていますよね。

 

特にアイメイクはほとんど毎日するものですし、目という小さな部分にアイライン・マスカラ・シャドウを塗りたくって、ビューラーでぐいぐい引っ張って持ち上げて…

 

メイクを落とすときにはマスカラがなかなか取れないから…といって、ゴシゴシとクレンジングをしていたら。

 

こんなことを毎日していれば、当然目に大きな負担をかけてしまうことになるのは、誰だってわかるものです。

 

先ほども言いましたが、まつげに限らず私たちの体に生えている毛というのは、すべて生え変わりの周期・つまり「毛周期」というものがあります。

 

その期間を待って自然に抜け落ちていくのなら、まったく問題はありません。

 

が、そうでなく、マスカラやビューラーなどのダメージによって、抜け落ちる周期を待たずして抜けてしまうまつげもたくさんあります。

 

このダメージが重なったりすることで、まつげがハゲてしまう…という事態に陥るわけですね。

 

 

たかがまつげ、されどまつげ。

 

髪の毛と違って小さな部分だからこそ、まつげがハゲてしまえばその人の印象も劇的に変わってしまうというわけですね。

 

まつげハゲにならないためにも、ぐいぐいとビューラーをすることを控えたり「まつげ美容液」を使って、まつげをしっかりと根本から強く育てることなどをおススメします。



人気のまつげ美容液レビュー記事↓↓