まつ毛のケアで美しく伸ばせるおすすめのテクニック

スキンケアやヘアケア、こうしたメジャーなお手入れと違って、まつ毛のケアはまだそれほど世間に浸透しているとはいえません。

 

女性全体のうち大半がマスカラやアイシャドーを使っているか、といわれればそうでないように、目元のおしゃれはこれからといった面もあります。

 

しかし、10代、20代の女性の中にはエクステやパーマなど、まつ毛のおしゃれが当たり前となっている反面、毎日のケアをどうすればいいのか悩みも深まっているようです。

 

とくに、まつ毛本来の美しさを引き出すようなケアが出来ないかという質問をよく見受けます。

 

おしゃれのためにまつ毛が弱々しく細くなってしまうのは本末転倒です。

 

セルフケアでまつ毛に健康的な美を取り戻すだけでなく、伸ばすためのテクニックをまとめてみましょう。

 

 

(1)リップクリーム

 

身近のアイテムを使って手軽にまつ毛を伸ばしたいならリップクリームがおすすめです。

 

リップクリームの成分には乾燥からまつ毛や皮膚を守ってくれる働きがあります。

 

とくに、まつげの根元の皮膚部分が乾燥してしまうと新陳代謝が低下してまつ毛が伸びづらい状態に陥ることになります。

 

スキンケアの基本と同じように乾燥を避けて保湿を与えることはまつ毛ケアの基本です。

 

 

(2)ニベア

 

冬の乾燥からお肌を守ってくれるニベアは一家に一缶は転がっている日本でおなじみな保湿クリームです。

 

リップクリームのように保湿作用が極めて高いため、ごく微量をまつ毛に塗るだけで太くて長いまつ毛へと成長促進させる環境を整えます。

 

実際に毎晩のニベアケアだけでまつ毛によく聞いたという声もあり、お肌にも馴染みやすいので日常ケアにピッタリです。

 

 

(3)ワセリン

 

肌のかさつきや割れ、かゆみなどで医療用に使われるワセリンも保湿効果の高い成分です。

 

ワセリン成分自体がまつ毛を伸ばすのではなく、潤いを与えて間接的な育毛効果を期待するというイメージで使ってみるとよいでしょう。

 

 

セルフケアでまつ毛を伸ばす方法、いかがだったでしょうか。

 

成分にまつ毛を育てるものを使うのではなく、皮膚環境を整えてまつ毛が正しく生えやすくするサポート力がこうしたスキンケアアイテムにあります。

 

肌に合う合わないもあるかもしれませんので、トライするときには付けすぎに注意してください。



人気のまつげ美容液レビュー記事↓↓