皮膚科でも売られているまつ毛美容液は市販とどこが違うの?

ドラッグストアやコンビニで手軽に買っているまつ毛美容液ですが、実は皮膚科や美容外科でも売られているって知っていましたか?

 

こうした医療機関で扱っているまつ毛美容液はまつ毛育毛美容液とも呼ばれています。

 

医薬品としてまつ毛が極端に細かったり本数が足りないと言ったようなまつ毛貧毛症の改善に使用されます。

 

頭の薄毛を改善する薬があるように、まつ毛の薄毛をケアして育毛を促すものと考えれば良いでしょう。

 

薬としては比較的新しく、まつ毛を太く長くして、目元の印象をアップさせます。

 

育毛剤の効果が出てくるとマスカラをしなくても鮮明な印象を与える目元を演出できます。

 

このまつ毛貧毛症改善薬はラティース、ラティッセもしくはルミガンという商品名で発売されています。

 

主成分のビマトプロストはもともと緑内障の点眼薬として使用されていました。

 

嬉しい副作用としてまつ毛を伸ばす作用が確認されたためFDA(アメリカ医薬品局)が世界初のまつ毛育毛剤として承認されています。

 

FDAの承認にあたっては厳格な審査によって効能や安全性が確かめられているので、安心して試すことができます。

 

このまつ毛貧毛症育毛剤ですが、使い方は至ってシンプルです。

 

一滴分をまつ毛に毎晩塗るだけです。

 

もちろん一朝一夕に効果が出るというものではありませんが、ユーザーの多くが2ヶ月程度の使用でまつ毛の変化を感じ、太さや長さ、色の濃さを実感しています。

 

そもそもまつ毛が貧弱になってしまうのには、長年にわたってビューラーやパーマ、エクステを常用していることから毛質にダメージが蓄積された状態です。

 

エクステを利用する方法もありますが、まつ毛の治療はセルフケアではなかなか難しいため美容皮膚科等の専門医を受診するのがベターです。

 

なお、このまつ毛育毛美容液は医療用商品のため市販はされていません。

 

使いたいときは医師の診察を受けて処方箋をもらう必要があります。

 

まつ毛育毛美容液は、エクステを続けたいけれどコストもかさんでしかたない人や皮膚へのダメージが不安な女性にピッタリな医療用美容液です。

 

まつ毛自体を健康にリードするものなので、最近長さや太さに自信をなくしている人は一度病院やクリニックを訪れてみてはいかがでしょうか。



人気のまつげ美容液レビュー記事↓↓