目や肌に安心して使えるまつ毛美容液を選ぶ3つのポイント

アレルギー肌やアトピー性皮膚炎など、年々お肌にトラブルを抱える人の割合が増加しています。

 

皮膚科的な症状までは現れていない人でも敏感肌や乾燥肌で化粧品を使うのが心配という声はよく聞かれるようになりました。

 

日頃、体に直接使う身だしなみグッズというのは多いものです。

 

シャンプーやトリートメントをはじめ、ヘアカラー剤、ワックスやスプレーはもとより化粧水や乳液といったスキンケアグッズ、
女性であれば毎日の外出に欠かせないメイク道具など、多かれ少なかれお肌や体に負担の掛かるものがあふれています。

 

まったく使わないというのはできないかもしれませんが、

 

できるだけ成分的にやさしいものを選びたいのが本音ではないでしょうか。

 

そんななか化学的な成分をなるべく使わず自然な素材でできた化粧品が増えており、まつ毛美容液にもそうしたコンセプトから開発された商品が登場しています。

 

どういった特徴があるのかを知ることで、安心して使えるまつ毛美容液を選びやすくなるはずです。

 

 

選ぶポイントその1「防腐剤が入っていないものを選ぼう」

 

化粧品の多くは流通の関係上、長期間品質が変化しないように防腐剤や殺菌剤が配合されています。

 

成分表示にあるパラペンやフェノキシエタノールという成分がそれにあたります。

 

肌への普段はほとんどないとされていますが、できるだけ避けるのに越したことはありません。

 

使用期限は短いかも知れませんが、こうした成分が使われていないまつ毛美容液を選ぶほうが目やお肌には負担がやわらぎます。

 

 

選ぶポイントその2「合成界面活性剤が入っていないかチェックしよう」

 

合成界面活性剤はスキンケアやシャンプー類などでも話題になる添加物で出来るだけ避けるのが望ましいといわれています。

 

複数の配合成分を乳化させるために使用されますが、肌の保護機能を突き破って刺激から弱くさせてしまう影響が指摘されています。

 

 

選ぶポイントその3「タール系色素が使われていないか」

 

アレルギーの原因物質ともなるタール系色素は発色を良くするために使用される石油由来の成分です。

 

発がん性があることも指摘されており、まつ毛や肌への負担をなくすためにも購入時にチェックするようにしましょう。

 

無添加のナチュラルコスメが一般にもようやく浸透してきています。

 

まつ毛美容液を選ぶときにもできるだけ自然な素材が使われたものを選びたいですね。



人気のまつげ美容液レビュー記事↓↓