今の子供達ってなんでまつげが長いの?その理由とは?

今の子供達を見ると、子供時代の自分とは大きく異なることがあると思います。

 

それはまつげの長さです。実際に、最近の子どもたちはまつ毛が非常に長い傾向があります。

 

なぜ今の子供は実際にまつ毛が長くなっているのでしょうか。詳しく調べてみました。

 

 

■詳しい因果関係は分かっていないのが現実

 

・最近の子供は1.0センチ以上のまつ毛であることもザラ

 

日本人の平均のまつげの長さは、6.8ミリ程度と言われています。

 

しかし、最近の子供達の中には、10ミリを超えていたり、1.2センチや1.4センチもある例が報告されているのです。

 

1.4センチもあると、平均の6.8ミリの倍以上、といった計算になりますよね。

 

いかに長いかが分かるわけですが、以下にいくつかの説を紹介します。

 

審議についてはかなり怪しい物もあり、必ずしも正しいとはいえません。

 

その点を理解した上で読み進めてください。

 

 

■大気汚染の影響かも

 

・まつ毛は目を守るためにあるものである

 

目に直接ホコリ等の異物がついてしまうことを避けるためにまつ毛はあります。

 

目にホコリが入ってしまうと、失明してしまうこともあるわけですよね。

 

まつ毛がしっかりと生えていることで、そのリスクを低減しているのです。

 

近年では、様々な環境の変化もあります。

 

大気汚染も重要視されています。

 

アナタの街でも「光化学スモッグ注意報(警報)」が発令される例もあるでしょう。

 

大気が汚染されているからこそ、まつ毛が長くなってきた、とする説が実際にあります。

 

ただし、この説の信憑性はほとんどありません。

 

1960年代や70年代の大気汚染に比べれば、ずいぶんと改善しているからです。

 

 

■栄養状態が良くなってきた影響かも

 

・まつ毛に栄養が送られやすくなった

 

毛は、タンパク質とアミノ酸によって合成され生成されています。

 

タンパク質とアミノ酸不足になってしまうと、毛の成長に問題が出てきてしまうことも十分に考えられるのです。

 

近年は、食べ物が以前よりも豊富になりました。

 

例えば、戦後すぐの時には、食料が不足して栄養のある食べ物を子供は食べられませんでした。

 

しかし、最近では、お肉もしっかりと食べられます。

 

栄養過多になっている人も多いのです。

 

まつ毛にもしっかりと栄養が送られるようになり、まつ毛が生えやすい状況となっているのです。

 

ただし、こちらについても信憑性が高いとはいえません。
関連:まつげ美容液ランキング

 

仮に、栄養素がしっかりと取れているのであれば、髪の毛などの薄毛が減るはずですが、実際には薄毛率は下がっていないのです。

 

このように、なぜ子供のまつげが長いのか、といったものに関しては明確な答えは今のところありません。



人気のまつげ美容液レビュー記事↓↓