痛い!とれない!まつげが目に入った時の対処法とは?

まつげが目に入ると地味に痛いですよね。

 

ハードコンタクトをしている人にとっては一大事。

 

そうじゃなくても痛くてとりあえず何もできなくなります。

 

今すぐに取り除きたいものです。

 

かといってこすったら角膜に傷が入る可能性があるので、正しい方法で取るようにしましょう。

 

では早速正しいまつげの取り方をご説明します。

 

 

1、 病院で取ってもらう

 

一番確実で安全な方法です。

 

病院では全く痛みなく安全にまつげをとってもらえますし、もし炎症が起きてしまっていても治療を受けることができます。

 

とは言うもののまつげごときで病院にはなかなかいけませんよね。

 

病院に行くのは最終手段に取っておきましょう。

 

 

2、 目薬を使う

 

白目や黒目の部分にまつげがある場合は、目薬や水で流してしまうことが有効です。

 

目薬を使う場合は、結膜炎用などではなく涙タイプのものが最適。

 

まつげが入っている目に目薬を多めに入れて何度も瞬きをしてください。

 

いつの間にか目の端っこの方にまつげが移動しとれるはずです。

 

それでも取れなかったら次の方法を試してみてください。

 

 

3、 濡れたティッシュでキャッチ

 

まつげがある場所が特定できたらティッシュを水で濡らし先端を細くして軽くまつげにタッチしましょう。

 

まつげはティッシュにくっついてとれるはずです。

 

ただし、力を入れすぎると角膜に傷がつく可能性があるので要注意。

 

 

4、 水を溜めた洗面器の中で瞬きをする

 

大きめの洗面器に水を入れて、顔ごとつっこみ何度も瞬きをしてみましょう。

 

大抵のまつげやゴミはこれで取れます。

 

汚い洗面器や水を使うと、目が炎症を起こしてしまうので要注意です。

 

とれないからといってタオルでこするのもNG。

 

 

5、 寝る

 

痛いのに眠れるはずないでしょ!と思うかもしれませんが、実は自宅でできる一番確実なのがこの方法。

 

目をつぶっている間にまつげは自然と目尻に流れ、目尻から押し出されます。

 

赤ちゃん飲めに入ったまつげもこうやって自然に取り出されるのです。

 

自宅にいて、時間がある人はわざわざ睡眠しなくてもしばらく目をつぶっているだけでオッケーです。

 

 

6、 まとめ

 

目に入ったまつげは無理にこすらず水分で洗い流す、瞬きをして自然に出すようにしましょう。

 

しばらく目を閉じているだけで自然にまつげが取れることもあります。

 

すべての方法を試したけど取れない、という人は恥ずかしがらずに眼科に行ってみてください。

 

痛みもなく簡単にまつげをとってくれるはずです。

 

大切な角膜が傷つく前に正しく対処しましょう。



人気のまつげ美容液レビュー記事↓↓