まつげは本当に伸びる?増える?育てる方法まとめ

まつげってメイクのせいで段々と少なくなっていきますよね。

 

2歳前後の子供の目を見るとみんなバッチバチのまつげなのに、女子高生のまつげはみんなまばら。

 

アイメイクでまつげを増やしたばかりに自まつげが減ってすっぴんが残念なことになっている人が多すぎます。

 

そこで誰でも考えるのが、「自分のまつげを増やすこと」です。

 

自まつげが長く伸びて増えてくれば不自然なアイメイクなんてしなくても良くなりますよね。

 

そこでまつげが伸びて増えるメ方法を検証してみました。

 

 

・正攻法でまつげを伸ばす、増やす方法

 

まつげを正攻法で伸ばしたい、増やしたい、と思ったら重要なのは「ストレスをためないこと」「目元を温めること」です。

 

まつげは元はと言えば単なる毛、なので毛が抜けにくい、生えやすい環境を整えてあげることが大切です。

 

その中で一番重要なのがストレス。

 

人間はストレスにより毛周期という毛が生え変わる周期が乱れ、脱毛してしまいます。

 

また発毛もしづらくなります。

 

だからまつげを増やし、長く育てたいのであればストレスをためない生活を送ることが重要です。

 

ここでのストレスとは精神的なものと物理的なものがあります。

 

まつげにとっての物理的ストレスとはビューラーやマスカラつけまつげにエクステなどです。

 

集中してまつげを育てたいと思ったらこれらのアイメイクはちょっとだけお休みしましょう。

 

そして、もう一つ重要なのが目の周りの血行です。

 

まつげは毛穴の中の毛母細胞が作るのですが、この細胞に栄養を送っているのは血液です。

 

血行がよくなければ毛母細胞に栄養が届かず、質の良いまつげは生まれません。

 

目の周りの血行を良くするために重要なのは、目を疲れさせないこと、寝る前に温めること、です。

 

どうしてもスマホやパソコンで目を酷使してしまう、という人は寝る前に温めるタイプのアイマスクや蒸しタオルで目を温めてあげましょう。

 

 

・ まつげ美容液でまつげを育てる

 

正攻法でもよいのですが、ちょっと時間がかかりすぎます。

 

アイメイクができないのも辛いですよね。

 

そこでオススメなのはまつげ美容液です。

 

まつげ美容液とはまつげに塗ることでまつげの成長を促し、増やし伸ばす化粧品です。

 

まつげが育つ成分を直接塗ることで自まつげが太く、長くなります。

 

医療用の成分が使われているものもありますので、確実に太く長くなります。

 

毎日使うマスカラの下地として使えるタイプ、マスカラ自体に美容成分が含まれているタイプ、などがあります。

 

多くの人が1週間から2ヶ月で効果を実感していますので、なるだけはやくまつげ増毛効果を得たい、という人はまつげ美容液を試してみるとよいでしょう。



人気のまつげ美容液レビュー記事↓↓