まつげパーマとまつげエクステのメリットデメリットは?

自分のまつげをゴージャスに見せるまつげパーマやまつげエクステ。

 

日々のメンテナンスも楽そうだからちょっと挑戦したみたいですよね。

 

そこでまつげパーマやまつげエクステのメリットデメリットをまとめてみました。

 

 

1、 まつげパーマのメリット

 

まつげパーマの最大のメリットはビューラーいらずですっぴんでも目力が無くならない点です。

 

毎日のビューラーから解放されるのでメイク時間がちょっぴり短縮できます。

 

 

2、 まつげパーマのデメリット

 

まつげパーマのデメリットは、まつげが傷むこと、定期メンテナンス、費用がかかること、です。

 

パーマ液をまつげに直接塗るのでダメージは甚大。

 

そして、髪の毛のパーマと同様に1ヶ月程度でカールが弱くなってきます。

 

短ければ毎月パーマをかけなければなりません。

 

 

3、 まつげエクステのメリット

 

まつげエクステは何と言ってもゴージャスさが最大のメリットです。

 

まつげパーマはカールだけですがエクステは毛束を自分のまつげに付けるので盛り感がはんぱないです。

 

施術してしばらくはマスカラはほぼ不要。

 

しかもつけまつげみたいな不自然さがないので、男性からの悪印象はありません。

 

 

4、 まつげエクステのデメリット

 

まつげエクステのデメリットはまつげの痛みと高額なメンテナンス費用、目がこすれないこと、時間が経つとまばらにいなること、です。

 

エクステは1本ずつ自分のまつげに「のり」で付けるので、重みでまつげごと抜けてしまうことが少なくありません。

 

またのりによってまつげや目に炎症がおこることがあります。

 

ゴージャスにはなりますが、その分まつげと目、まぶたへの被害は甚大ですね。

 

費用も、初期費用が10000円から20000円、そして2、3週間に1度のメンテナンス費用が5000円から8000円かかります。

 

さらにその度に2、3時間は拘束されることになるのでプライベート時間もかなり削られてしまいます。

 

また、まつげエクステを付けていると目が痒くても目をこすることができません。

 

洗顔の時もじゃぶじゃぶと洗えないので地味にストレス、という声をよく耳にします。

 

そして、まつげエクステは自分のまつげとともに徐々に抜けてしまうので2週間も経てば、短い自まつげと長いまつげエクステがまばらに存在することになり、見た目がかなり微妙です。

 

ちょっと怖い感じになります。

 

 

5、 まとめ

 

最後にまとめておきますと、まつげパーマもまつげエクステもメリットは見た目がゴージャスで目力アップすること、ですがデメリットはまつげが痛み自まつげが弱る上に初回&定期メンテナンスで費用がかさむことです。

 

どちらも結婚式やパーティーなどでスポット的に施術するのがよさそうですね。

 

日頃は、まつげ美容液などでまつげをいたわって自まつげを増やしたほうがよいでしょう。



人気のまつげ美容液レビュー記事↓↓