まつげエクステっていいの?メリットデメリットとは?

「ビューラー&マスカラだけじゃ盛り感が足りないよ」

 

「つけまつげの違和感は嫌!」

 

そんな女子たちに人気なのがまつげエクステです。

 

自分のまつげにエクステを付けるので違和感なく、天然フサフサまつげに近い質感を出すことができます。

 

しかし、まつげエクステにはデメリットも。

 

そこでメリットデメリットをまとめてみました。

 

まつげエクステ検討中の方はぜひ読んでみてください。

 

 

1、 まつげエクステのメリット

 

何と言っても、見た目が凄い!

 

施術してしばらくはマスカラなしでもフサフサばちばちの盛りまつげでいられます。

 

しかも見た目が違和感なし、だからすっぴんでも目力は全く減りません。

 

自分のまつげにグルーと呼ばれるのりで人口のまつげを取り付けるのでぱっと見はほとんど見分けがつかないほどです。

 

 

2、 まつげエクステのデメリット

 

メリットに比べると格段にデメリットが多いです。

 

・ 相次ぐ健康被害

 

国民生活センターの公式ホームページに専用サイトが開設されているほどまつげエクステが原因の健康被害が発生しています。

 

施術者の未熟な技術が原因で、目やまぶたに炎症は生じてしまったり、のりでアレルギー反応が起こってしまったり、と様々な健康被害が報告されています。

 

・ 定期的なメンテナンスが必要

 

まつげエクステは「付けたらノーメンテ!」という訳にはいきません。

 

自分のまつげが抜ければエクステも抜けますので、2?4週間に一度は付け直す必要があります。

 

・ アイメイクをしなければならない

 

まつげエクステをしたからといって、ビューラーやマスカラといったアイテムと決別できる訳ではありません。

 

まつげエクステをして1週間もすれば段々とまつげは下を向いてきますし、本数も減っていますのでビューラー&マスカラが手放せなくなります。

 

・ まつげが激しく消耗する

 

まつげエクステは自分のまつげに「のりで付ける」のでまつげへのダメージが大きいです。

 

繊細なまつげにのりで人工物をつける訳ですから、付けている最中のダメージもさることながら、その後も重さによって絶えず刺激され続けます。

 

通常よりも脱毛のサイクルが2倍早くなる、と言われているほどです。

 

 

3、 まつげエクステよりも自然でダメージの少ない方法は?

 

この通りまつげエクステは見た目のゴージャスさ以上にまつげや目へのダメージが大きく、お勧めできる方法とは言えません。

 

そこでおすすめするのが自分のまつげをまつげエクステ並みに育てる方法です。

 

具体的には、まつげ美容液を使ってまつげを太く、長くさせます。

 

自分のまつげがラクダ並みのバチバチフサフサまつげになればエクステでまつげとまぶたを痛めつける必要もありませんよね。



人気のまつげ美容液レビュー記事↓↓