だめ、絶対!ゴシゴシメイク落としは今すぐやめてー!

「もうなかなか落ちないなあ」

 

「アイメイクは落ちにくいんだよね?」

 

そう言いながらゴシゴシとメイクを落としていませんか?

 

メイクが進化すれば進化するほど落ちにくくなっています。

 

ゴシゴシとメイクを落とすのは絶対にやめてください。

 

お肌だけじゃなくて目やまつ毛も傷んでしまいます。

 

ここではゴシゴシメイクを落とすことで起きる恐ろしい症状と正しいメイク落としを解説していきます。

 

 

1、 ゴシゴシメイク落としで引き起こされる恐ろしい症状とは?

 

メイク落としや洗顔料を顔に塗って力任せにゴシゴシ、目の周りはもっと念入りにゴシゴシ!

 

それを続けていたらこんな恐ろしい状態になります。

 

・ 目の周りの色素新着

 

毎日、アイメイクを落とすためにゴシゴシと擦っていると、アイメイクの色が沈着&こすった刺激により肌がくすみ、いつの間にか目の周りだけ茶色や黄色っぽい色になってしまいます。

 

いくらお肌がもちもちの美肌でも目の周りがくすんでいるだけで見た目年齢は5歳アップします。

 

・ まつ毛が抜ける!切れる!

 

ウォータープルーフのマスカラや落ちにくいマスカラを使っている人は中々落ちないのでゴシゴシこすりがち。

 

中にはまつげを掴んでゴシゴシこする人も。

 

これはまつ毛にとっては虐待に近い行為です。

 

ゴシゴシとこすられたまつ毛はその場で数本抜けてしまうはずです。

 

こんなことを続けていたらあっという間にまつ毛はまばらになってしまいます。

 

・ かさかさ乾燥肌に!

 

メイク落としや洗顔料の洗浄力はただでさえ強いのでゴシゴシこすることで皮膚に本来必要な水分も奪われてしまいます。

 

皮脂や水分が足りなくなったらお肌は乾燥を避けるために余計に皮脂を分泌します。

 

頬はかさかさなのにTゾーンは脂ぎっているという人はゴシゴシメイク落としによる皮脂不足が原因のことが多いのです。

 

 

2、 正しいメイク落とし方法とは?

 

まつ毛や皮膚に負担を与えないメイク落とし方法とは、「やさしく」「良質なメイク落としで」洗うことです。

 

まずは、手を綺麗に洗います。

 

そしてアイメイク用のメイク落としを手に取り目の周りに塗ります。

 

そして力を入れずに撫でるようにメイクを落とします。

 

アイメイクは通常のメイク落としでは落ちにくいので、アイメイク専用商品を使うことが重要です。

 

アイメイクが落ちたらメイク落とし綺麗に洗い流して、手を洗い、通常のメイク落としで顔全体をクレンジグします。

 

その時も撫ぜる程度の力にしてください。

 

そして、最後はぬるま湯で洗い流します。

 

暑すぎるお湯はメイクを固めてしまいますのでやめましょう。



人気のまつげ美容液レビュー記事↓↓