アイキララは目元のたるみに効果大?コンシーラーが老け顔の原因?


目元のたるみが目立ってくると、一気に疲れ顔に変化し実際の年齢より遥かに上の印象を与えます。確かにヨボヨボのお婆ちゃんの目元は、皮膚が下がってますよね。あなたも、そんな風に見られているかもしれません・・・。ネットでも多くの対策法が出回っていますが、果たしてそれって大丈夫なのでしょうか?実は、自分で簡単に出来ると紹介されているものの中には、悪化の原因になるものも多数紹介されています。
今回は、知られざるたるみの原因や、やってはいけないケア方法、今人気の目元ケア用品「アイキララ」についても、口コミや効果を調べてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

【目次】
1:目元のたるみの原因と実はNGケア
  1-1 目元のたるむ原因
  1-2 コンシーラーが老け顔の原因?実はNGな目元のたるみ対策法
2:目元のたるみにはアイクリーム“アイキララ”を使うべし
3:目元のたるみに効くアイクリームで人気の“アイキララ”ってなに?
4:アイキララの成分とたるみハリ効果は
5:アイキララは目元のたるみに効果大まとめ

 


1、目元のたるみの原因と実はNGケア

1-1 目元のたるむ原因

 


一気に老け顔にさせる目元のたるみ。まずは、目元のたるみを引き起こす原因をみていきましょう。理由として挙げられるのは「加齢による筋肉の衰え」「ヒアルロン酸やコラーゲンの減少による皮膚のたるみ」「紫外線」「皮膚への摩擦と乾燥」の4つが挙げられます。

 

日本人は欧米人に比べ、まぶたの上の脂肪が多い傾向にあり、更には表情をおおげさに出すことがないため表情筋が衰えやすいという特徴があります。まぶたの脂肪を支えきれなくなるため、目元がたるむというわけです。

 

他にも、真皮にあるヒアルロン酸やコラーゲン減少が皮膚のたるみを引き起こします。コラーゲンが減少すると、皮膚内部に蓄えられている栄養が流れ出し、肌のふっくら感や弾力が失われ皮膚がたるみ始め、クマが出来ると影を作り更にたるみを目立たせることに。肌の潤いを保つヒアルロン酸が減少すると、皮膚を覆う肌バリアが低下し外界からのダメージを受けやすくなり、少しの刺激でもたるみに直結します。

 


また、紫外線には要注意!紫外線を受けることで、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を減らすことが分かっています。コラーゲンやヒアルロン酸は年齢を重ねると減少してきますので、年齢を重ねている人は更に紫外線に気を使っていきましょう。紫外線のダメージは蓄積され、紫外線を浴びた時間が長ければ長いほど、目元のたるみも深刻化しやすいとも言われています。

 

知らず知らず原因になっているのが摩擦と乾燥です。目元の皮膚は、頬の皮膚に比べ厚みが薄いため、日常生活の何気ない行動でも摩擦を敏感に感じます。また目元は、皮脂腺が少なく保湿力が弱いため乾燥しやすい部分の一つ。日頃のスキンケアやメイクでさえ大きな刺激となり、この何気ない摩擦が乾燥を引き起こし目元のたるみの原因へとなるのです。

 


1-2 コンシーラーが老け顔の原因?実はNGな目元のたるみ対策法

 


目元のたるみの原因を4つご紹介しましたが、心当たりはありましたか?
目元のたるみは、顔の印象を一気に変えてしまうため、積極的に対策をしていきたいですよね。では、皆さんはどんな対策法を思い浮かべますか?目元マッサージや、コンシーラーで隠すという人が多いのではないでしょうか。ネットでも多くの目元マッサージ方法や、コンシーラーでの目元のたるみの隠し方が紹介されています。
でも、ちょっと待って!良かれと思ってやっていることが、目元のたるみを悪化させているケースがあるのです。間違えたケアを続けていると症状が悪化するだけでなく、ほかの目元トラブルへ発展する可能性もあります。ではやりがちな誤った対策法をご紹介したいと思います。

 

【コンシーラー】
コンシーラーとは、ファンデーションで隠しきれない肌の悩みに使用することで、部分的に肌の色を整え肌悩みを隠してくれるアイテムです。万能なアイテムで使用している人も多いのはないでしょうか。実は、このコンシーラーが目元のたるみを悪化させているのです。

 

 

〜コンシーラー失敗談〜
目元のたるみが酷く、いつもコンシーラーで隠していました。そんなメイクを長いこと続けていると、段々目元にハリがなくなり旦那に老けたなと言われる始末。化粧品売り場で見てもらうと、乾燥が凄いと言われ、コンシーラーで隠すことは皮膚が薄い目元には刺激が強すぎるとのこと。その日からコンシーラーは止め、目元用のクリームを塗るケアを始めました。今ではたるみがすっかり取れました。

 

メイクやスキンケアで、ただでさえ刺激を受けがちな目元ですが、更にコンシーラーを重ねることで必要以上の摩擦が加わり、それを毎日繰り返すことで慢性的な目元のたるみを引き起こしていたのです。また、物にもよりますがコンシーラーには刺激が強い界面活性剤や油分がたっぷり入っているものが多く、炎症や乾燥を引き起こしやすくすることから目元のたるみを悪化させがちです。

 

目元のたるみを隠すために使っているものが、悪化の原因になっているなんて怖い話ですよね。頬の赤みやシミに上手に使う分には素晴らしいアイテムですが、下手に塗ると化粧崩れを起こしたり目元のシワが更に目立つ結果になったりと、使いこなすには有る程度の知識と技術が必要です。せっかく綺麗になるための努力をしているわけですから、アイテムの適正を考え、正しい場所に使用するようにしましょう。

 

 

【目元マッサージ】
手軽に出来てお金がかからない対策法で、真っ先に思い浮かぶのが目元マッサージですが、実はたるみの悪化や他のトラブルにつながるケースもあり注意が必要です。
皮膚の下には小さな筋肉や血液、リンパ管などが多数存在します。顔のパーツによって施すべきマッサージや筋肉のほぐし方が異なるほか、目元の皮膚は非常に薄いため傷つきやすく本来はとても高度な技術を必要とします。
間違ったやり方をしていると、血管やリンパを刺激して血行障害を起こしてしまいむくみを招き、ただただ皮膚が伸びたるむだけの結果に・・・。また、マッサージの際に皮膚を擦ったり、引っ張たりするとたるみだけでなくシワやシミの悪化にも繋がります。

 

 

〜目元マッサージ失敗談〜
35歳過ぎてから目元のたるみが一気に加速し、ネットで見た目元マッサージをお風呂の中で毎日することにしました。顔が濡れた状態だから滑りもいいし、なんてたって0円♪と続けていたのですが、たるみの改善になるばかりか更に濃くなったことに気づいたのです。美容に詳しい友人に話をしたところ、何もつけないマッサージはNGなことと、皮膚が薄い場所だからやらない方がいいと指摘を受けました。

 

特に目元の皮膚は他と比べて薄く、摩擦や刺激の影響をダイレクトに受けやすい場所です。目元マッサージでの摩擦は想像以上に強く、続けることで乾燥も招きますので知識なく行うのは絶対にNGです。他の場所にもいえますが、何も付けずに行うマッサージも絶対に控えましょう。

 

 

【美容注射】
コラーゲンやヒアルロン酸は“いつもキレイでいたい”女性にとって大切なものです。そのコラーゲンやヒアルロン酸を確実に補給が出来るのが美容注射。多くの芸能人や海外セレブも行っていることから、目元のたるみが気になる女性にとっては憧れの美容法ですよね。現在はほとんどの美容外科で取り入れられ、ネット上でも良いことばかりが書いてあります。
ですが、安易に始めるのは絶対にやめましょう。ご紹介する体験エピソードのほかにも多くの失敗談がありました。

 

 

〜美容注射失敗談〜
最初はシミ消しで、美容外科に通い始めました。確かな効果を感じ次はホクロ除去、またシミ消しをして・・・とハマっていきました。目元のたるみの相談をしたところ“美容注射”がおすすめとのこと。とは言われても頻繁には通えないと断ると、その必要はないし1度だけやる人もいるとのこと。うまい話にのせられ施術したものの、たるみが酷く1回では全然効果を感じなかったことと、左右で膨らみが変わり顔が歪んでみえる。今度も出来れば定期的に通ってとの話もされ大後悔です。絶対にお勧めしません。

 

コラーゲンやヒアルロン酸が不足すると、肌のハリや潤いが失われ目元のたるみの原因になるわけですが、安易な考えで打つと大変危険です。ヒアルロン酸やコラーゲンの注入は肌のたるんだ場所やしわに直接注入し、表皮を持ち上げてと解消するというものですが、効果には個人差があるため効果がみられない場合があります。
一度きりの注射ではたるみが余計に目立ってしまうというケースも。また、目元への注入は他の部分より難しいとされ、医師の施術レベルが低いと思い通りにいかなかったり、トラブルを起こす可能性も高いです。注入した成分は、体内に吸収されてしまうので3ヶ月〜半年サイクルで注入を繰り返す必要があり、金銭的にも負担が大きくなります。

 

公式サイト
>>目元のケアはこれひとつで◎!アイキララはコチラ!

 

 


2、目元のたるみにはアイクリーム“アイキララ”を使うべし


コンシーラーも、マッサージもだめ・・・じゃあどうやって、目元のたるみをケアしたらいいのかということですが“アイクリーム”を使うことがおすすめ。アイクリームとは目元の特性を考えつくられた専用クリームです。
目元の皮膚は体の中でも最も薄く繊細な場所で、普段お肌に使っているクリームでさえ刺激になってしまう場合もあるほどです。

 

例えば、化粧品によく使われる「イソパラフィン」という成分。含有された脂分によりツヤを出す目的で配合されますが、粒子が細かく皮膚の細胞に絡みつく性質があり、目の下が重くなり目元のたるみを招くことがあるので注意したい成分です。

 

目元は皮膚が薄い分、外部からの影響も受けやすくなります。マスカラやアイシャドウなどのメイクから皮膚を守るためには「皮膚を保湿し、ダメージを蓄積させないこと」が重要です。目元のことを考えてつくられたアイクリームは保湿力が高く、伸びのよいテクスチャーで作られているので、刺激を与える心配もなくケアすることが可能です。

 

 

アイクリームはデパートで売っている高級アイクリーム、ドラックストアなどで手に入るお手頃アイテムなどピンキリですが、価格によって効果が決まるわけではありません。

 

「保湿力」「肌に刺激が少ない」「たるみを解消する成分が入っている」この3つを重視して選びましょう。目元ケアは継続することではじめて効果が発揮できるものなので、続けやすい価格帯のものを選ぶのもポイントです。

 

そして、アイクリームの塗り方は、すり込む時にあまり力を入れすぎない!ということです。皮膚を動かさないことがたるみ肌を作らないポイントになります。やさしく内側から外側に向かって塗るようにしましょう。もしくすみが気になる時は、アイクリームを塗った後、眼球周りの骨の部分を人差し指・中指の腹部分を使って軽く指圧します。かる〜く、優しく行ないましょう。

 

公式サイト
>>かるく、やさしく目元ケア!アイキララはコチラ!

 

 


3、目元のたるみに効くアイクリームで人気の「アイキララ 」ってなに?

多くあるアイクリームの中で条件に合ったものを選ぶのは大変ですよね。そこで人気が高く、お手ごろな商品をご紹介したいと思います。

 

「アイキララ」という名で、人気を集めている目元専用アイショットクリームです。
モンドセレクションを受賞した確かな信頼と、満足度80%と非常に高い実感力を誇ります。肌のハリをアップさせる効果が期待できるので、目元のたるみに悩んでいる人にもおすすめです。

 

 

加齢とともに痩せてくる目の下の皮膚に栄養を与え、ふっくらさせることでたるみやクマを防止。さらに美容成分である「MGA」がコラーゲンをサポートし、ピンっとした艶のある目元を目指します。目元だけでなく、目の周りをしっかりと保護し、アイシャドウやアイラインなどの刺激からもしっかりと肌を守ってくれます。

 

メイク前に使用すれば保湿効果もバッチリ得られ、肌の保水力が高められるので長時間乾燥せず、ファンデーションも厚塗無しでキレイにのります。

 

値段もお手頃で、毎日のケアに取り入れやすいのが人気の秘密。ストップ自由のお試しコースは通常 2,980円(税別)が10%オフの2,682円(税別)に。年間コースに至っては、1個あたり20%OFFの2,384円(税別)で購入が可能になります。

 

そんなアイキララですが、実際の口コミはどうなのか見てみましょう。

【32歳 女性】
注射器のような容器が面白い。必要な分だけ取り出せるので清潔だし、便利でいいと思います。自然由来の成分で肌に優しいのも◎で毎日安心して使うことができます。夜寝る前に塗っておくと、翌日の朝にはハリが出てツヤツヤ!お出かけ前には塗らないと不安になっちゃうぐらい長年愛用しています。以前は、目元のたるみが酷く10歳くらい老けて見えるほどでしたが、今ではすっかりたるみが消えました。

【44歳 女性】
目元のたるみが長年のコンプレックスでした。すっぴんだと不健康そうだし、コンシーラーで隠しても逆に目立つばかり……。そんなときに出会ったのがアイキララでした。敏感肌で化粧品が染みることがあるんですが、アイキララは刺激を感じることもなくすーっとなじみます。1ヵ月ほど使用したところ目元が明るくなり肌に透明感が出て、3ヶ月後には長年の悩みのたるみが消えました。

 

効果を感じたという嬉しい口コミがたくさんありました。早い方だと1ヶ月ほどで変化が見られたようです。しっかり続けていけば、憎き目元のたるみに確かな効果を実感するようですね。長年愛用している方が多く、長く使えば使った分だけ効果を得られるそんな人気アイテムが“アイキララ”です。

 

公式サイト
>>目元ケアの人気アイテム!アイキララはコチラ!

 

 


4、アイキララの成分とたるみハリ効果は


天然由来成分が多く使用されており、お肌に優しいアイキララですが、その中でも一番特徴的な成分が“MGA”という成分です。MGAの正式名称は、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸といい、ビタミンC誘導体の一種です。

 

ビタミンCは、お肌にとても良いというのは、皆さんご存知ですよね。ですが、ビタミンCは壊れやすい成分のため、ビタミンC誘導体として変化させることで壊れにくくするわけです。このビタミンC誘導体は、肌の内部に浸透してからビタミンCにまた変化する特徴があり、肌の内部にまで成分を届けることが可能です。また安全性が高くメラニン抑制作用も高いため、シミやくすみにも効果的。

 

また、コラーゲンをサポートする働きもあり、皮膚のハリや弾力を覚醒させる効果もあります。コラーゲンの栄養素を肌の内部にしっかり留め、肌の内側からどんどん新しい肌を生み出すようになります。

 

 

またMGAが他のビタミンC誘導体とどう違うかというと、オールインワン乳化機能を持っているということです。乳化とは、水と油のように交じり合わないものを均一に混合する働きを指します。

 

通常、化粧品には成分を混ぜ合わせる界面活性剤が配合されているのですが、使用される成分によっては肌への刺激になってしまうこともあります。MGAは、オールインワン乳化機能を持っているため、肌の刺激に成り得る石油系の界面活性剤を使用する必要がありません。
さらに時間の経過による変化が起こりにくい特性ももっているので、保存料や防腐剤も不使用でアイキララを作ることができたのです。

コラーゲンのもつ栄養を肌内部にしっかり留め、働きをサポートをしてくれるから、加齢で失われたハリと弾力を覚醒させふっくら若々しい印象に。注射よりもやや即効性には劣りますが、使い続けることで、肌が生き返ったような活き活きとした若々しい肌を目指すことが可能です。目元がぱっと明るく見え、化粧ノリもよくコンシーラーいらず!MGAが肌の水分保持力をUPさせ皮膚の保護機能を強化します。

 

公式サイト
>>目元ふっくら若々しい印象に!アイキララはコチラ!

 

 


5、アイキララは目元のたるみに効果大まとめ


女性の見た目年齢をUPさせてしまう「目元のたるみ」。目立ってしまう場所だからとケアに勤しむ人も多いですが、そのケア自体が原因になっていないか見極めていきましょう。

 

メイクで“隠す”方法には大きな落とし穴があることを肝にいれて“隠す”ではなく“乾燥させない”“紫外線対策”“摩擦は必要最低限度に”を徹底して、目元を労わりながら対策していきましょう。そこで有効な目元専用のアイクリームをぜひ使ってみてはいかがですか?現在のお肌だけでなく数年後のお肌のためにも、持続しやすく始めやすい金額設定のものを選び始めてみましょう。

 

 

 

 

 

公式サイト
>>目元のケアはコレに決まり!アイキララはコチラ!

 

 

 

 

【あわせて読みたいアイキララ関連記事】
アイキララの口コミ評判@使い方や使用方法で効果なし?通販購入と塗り方

 

安いアイキララで目の下の黒クマ青クマ茶クマ・しわも解消!簡単対策

 

 

 





まつげ美容液


まつ毛美容液ランキング!口コミで人気の商品は?